ワンセグ放送とは?

携帯・移動体向けのサービス・・・通称:ワンセグ

「ワンセグ」は、地上デジタル放送のサービスのひとつで、携帯電話型受信機などの移動体でも安定して受信ができるように設計されたサービスです。現在、ご家庭の地上デジタル放送受信機に送っている地上デジタル放送波の一部を使って送っています。

「ワンセグ」は、地上デジタル放送の6メガヘルツの帯域を13のセグメントに分けて送る日本独自の放送方式によって実現したサービスで、13の真中のセグメントひとつだけで映像、音声、データが得られます。

地上デジタル放送ならではのサービスとして注目を集めている携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービスが2006年4月1日(土)から開始されました。このサービスを「ワンセグ」と呼びます。

このため「簡易な情報処理」や「低消費電力」が欠かせない、携帯電話・移動体端末でのテレビ放送の視聴が可能になります。つまり、移動体向けのデジタル放送サービスです。

「ワンセグ」の番組サービスは基本的に12セグメントを使ってお届けしている通常のテレビ受信機向けの番組と同じ内容ですので、普段ご家庭で見慣れた人気番組を外出先でも楽しんでいただけます。
いつでも何処に居ても、重要なニュースや天気予報・災害情報を入手でき、お気に入りのドラマ、バラエティ、スポーツ中継を楽しめ、さらに携帯電話の通信機能を使ってのインタラクティブサービスが 可能となります。

ワンセグの画質はハイビジョンではない。

「ワンセグ」の映像の解像度につきましては、横方向が320ドット、縦方向が180ドットです。また、コマ数は15フレーム/秒です。
元の映像は、地上デジタル放送のハイビジョンと同じものですが、H.264(エイチ、ドット、ニーロクヨン)と呼ばれる方式で圧縮しており、携帯端末のような小画面を対象とした簡易動画です。ハイビジョンではありません。
なお、縦横の比率につきましては、元の映像と同様、16:9のハイビジョンと同じ画角です。

地上デジタル放送を真のユビキタス・メディアに変えるこの 「ワンセグ」サービスを十二分にお楽しみください。

社団法人 地上デジタル放送推進協会より抜粋


【PR】厚さわずか1cm強の超薄型ワンセグTV「BLUEDOT ワンセグテレビ BTV-400K」


Copyright © ワンセグナビ専門店. All Rights Reserved.